本文へ移動

活動トピックス

外海地区住民の皆さんとの意見交換会

2011-11-01
毎月長崎市内各地の振興課題について住民の皆さんと意見交換会を行っていますが、今月は外海地区で神浦(10月16日に実施)と黒崎(10月23日に実施)の二箇所に分けて実施しました。
 
外海地区は西彼杵半島の西部に位置し、幹線道路の国道202号がサンセットロードの愛称で呼ばれるなど、風光明媚な所であるとともにキリスト教の歴史や文化に加え、固有の資源を活かした地域振興への住民のエネルギーが感じられる所です。
 
しかしながら長崎市街地から遠隔地に位置し、産業的にも厳しい状況にあるために、課題も沢山抱えており、以下のような多様な意見が寄せられました。
 
・ 主要道路である県道神浦港長浦線の整備
・ 地区内コミュニティバスの運行線路の改善
・ 各種イベント等への行政の財政支援
・ 神浦川にある河川公園の整備
・ 公営住宅の活用
・ 小中学校の統廃合問題
・ 有害鳥獣駆除対策
・ 上水道及び公共下水道事業の問題
・ 地滑り防止対策
・ 海砂採取問題
・ 黒崎川の河川改修事業の問題
・ 景観保全計画に係る個人の権利制限の問題、等々
 
それぞれのひとつひとつについては略しますが、住民の皆さんからのこれらの真摯なご要望・ご意見には私として真剣に対応し、それぞれに改善できるよう全力で取組む所存です。
 
毎月の場所を変えての政調活動は骨が折れ、かつ、出された要望等をひとつひとつ実現していくことには相当の労力を要しますが、こうしたことが使命のひとつとして今後も頑張ってまいります。
 
意見交換会の概要についてはこちらをご覧ください。
TOPへ戻る