本文へ移動

活動トピックス

市長選に向けた支援者との拡大会議を開催しました

2018-04-01
注目
 来年4月の市長選に向けて、支援者の皆様からお力添えをいただくために、第一回の拡大会議を3月25日に開催しました。

 会場には200名もの大勢の支援者の方々にお出でいただき、皆様の私に対する熱い期待と、私を当選させるぞという強い意志を示していただきました。大変ありがたいことです。

 今度の市長選は、4期目を迎える現市長を相手に戦うことになります。非常に厳しい戦いになりますが、より多くの市民の方々を巻き込んで何としても勝利を勝ち取る所存です。そのために、私として全力を尽くして戦っていきますが、皆様のより一層のご支援をいただき、支援の輪を広げてくださるようお願いいたします。

 以下は拡大会議のレジメ(要約)です。ご一読いただき、私や支援者の皆様の思いを共有していただければ幸いです。
 

髙比良元 市長選拡大会議 議事録


日時: 平成30年3月25日(日)
      13時30分~15時00分
場所: セントヒルホテル 3階
参加者: 約200名

司会者

 本日は会場を埋め尽くす200名様にもなる皆様にお集まりいただき、皆様の熱い思 いに心ふるえる思いです。本日の集まりは、髙比良元の市長選立候補に早い段階から皆 様にご協力いただく目的で開催したものです。皆様のお力をいtだき、増幅することに より髙比良元の市長選当選に結び付けることができるものと確信しております。

 これから、髙比良元の決意表明と、5名の方々からの応援メッセージをいただきます 。その後、皆様からの質問やご意見をうかがいますのでよろしくお願いいたします。
 なお、4月15日より鍛冶屋町に後援会事務所を開設しますので、是非、応援に来て ください。


髙比良元の決意表明

 本日はお忙しい中を大勢の方に私のためにお集まりいただき、誠にありがとうござい ます。
 これまで県議として皆様のお蔭で3期を務めさせていただきました。議員としての仕 事に邁進し、やりがいもありましたが、自分が目指す目標を実現していく上では多くの 制約があることを痛感してきました。このため、自分のリーダーシップを発揮できる場 を獲得したいと、ずっと思っていました。

 私は今年で66歳。首長になるには最後のチャンスであることから、去る2月14日 に記者会見し、長崎市長選挙に立候補することを表明いたしました。知名度がないこと 等から厳しい戦いが待ち受けているのは確かです。この選挙に勝つには、こうした試練 を乗り越えなければならず、皆様のお力添えがなによりも必要です。ぜひ皆様のご支援 をお願いいたします。

 私は、これまで、県庁での企画部門での仕事や、旧三和町町長としての仕事で、やり がいのある仕事をしてきたとの自負があります。その中で、市町村の企画能力が十分で はなく、大幅にアップすることが必要であることを痛感してきました。

 現在の長崎市の状況を見るに、人口減少率が全国で悪い方から3位と活力の低下が顕 著であり、私としてとても歯がゆい状況です。この人口減少率の拡大に歯止めをかける ための産業政策や市民生活の改善にリーダーシップを発揮していくのだ、というのが市 長選立候補への私の決意です。

 具体的な施策については既に皆様にお配りしているマニフェストに記しておりますが 、そこに記した私の思いのポイントは以下のとおりです。
 ・ 若者をつなぎとめる職場を作り、中央との可処分所得の格差を無くす
   - 造船/重機に比肩する新たな基幹産業の育成
   - 儲かる農水産業の育成
 ・ 子どもを産み育てやすい、かつ住み続けられるまちづくりや社会環境の整備
   - 国際文化都市長崎の再生
   - 長崎モデルの都市政策

 こうした施策を実現するには、チーム長崎で進めていく必要があり、長崎市職員を一 丸とする首長のリーダーシップが必要です。また、同時に長崎県とも協力していかなけ れば実現できません。こうしたことは、現在の市長であるかぎりは望むべくもありませ ん。

 私が、市長選への立候補にあたって中村県知事にご挨拶した折、以上の決意を申し上 げたところ、応援していただく旨の言葉をいただきました。
 重ねてのお願いになりますが、髙比良元の市長選に皆様の熱いご支援を下さるようお 願いいたします。


応援演説:勝本豊 (県庁での先輩)

 髙比良元は政策通で、県庁勤務時にはいろいろと参考にさせてもらった間柄です。
 先日、床屋の主人と話をしましたが、「現市長は一般受けする顔だから当選してきた 」と言っていました。髙比良元が選挙に勝つためには政策や“顔”をもっと一般受けす るものにしてほしいですね。(会場から笑い)


応援演説:川口勝之 (元長大教授で、世界N GO平和大使協議会議長)

 長崎県は昭和30年~40年代には一人当たりの県民所得が全国のトップ10に入っ ていたのが、近年は下から3位に沈んでしまっています。原因は、当時興隆していた炭 鉱業が相次ぐ閉鉱によって廃れてしまったことがひとつ。三菱重工の当時の従業員数が 17,000人程度だったものが、現在は約7,000人に減少したように衰退傾向に あること、などです。
 一方、群馬県は昭和40年代には精密工業が主要産業であったものが、現在では金型 工業やIT産業への転換が進み、上位10位に位置しています。
 これは、群馬県は頭の切り替えがうまかったのに対し、長崎県では産業の転換ができ ていないということです。このような長崎県の状況において、髙比良元はいくつもの具 体的な政策をもっており、県都長崎市から長崎県の発展に貢献できるものと大いに期待 しているところです。


応援演説:宮崎牧子 (江戸しぐさ伝承普及員 )

 髙比良元さんに初めて県庁でお会いし、江戸しぐさについてお話しした時、「これは いい話だから是非職員にも聞かせよう」と言ってすぐに職員を呼び寄せ、一緒に聞いて いただきました。このご縁で後日講演をさせていただいたりしました。一方、長崎市長 にも同じような話をさせていただきましたが、その後反応はありませんでした。
 髙比良元さんはこのように行動力とリーダーシップを持った人です。ただやさしいだ けではリーダーは務まりません。
 この市長選は厳しい戦いとなりますが、髙比良元さんは自分の身を殺してでも出馬す るという強い意志を持って立ち上がりました。当選すればきっと長崎は良くなると信じ ています。皆様のご支援やご協力をお願いいたします。


応援演説:伊藤弘和 (南部地区の活性化に取 り組んでいる青年)

 現長崎市長は、4度におよぶ住民投票請求を全て拒否し、長崎市民の意思を無視して きました。私は3人の子どもを持っていますが、彼らをこんな長崎市に住み続けさせて いいのかと考えてしまいます。
 若者たちがこのような長崎市に幻滅し、市政に興味を持たなくなってしまっています 。私はこうした若者世代に訴えかけて髙比良元を市長に当選させたいと思っています。 皆様もご協力をお願いします。


応援演説:三上肇 (髙比良元の三和町長選挙 以来の同志)

 17年前に三和町長選に出馬した時、当時の町長は3期の実績があり、最初は当選は 無理という声がほとんどでした。そうした中で地域の支援者の輪を広げ、結束を強めて いく取り組みによって圧勝に導くことができました。町長になってからは、役場を改革 し、町民の声を聞いて、国道499号の改良や、みさき駅三和のような賑わいのある産 業振興策を実現しました。
 今度の市長選でも現職は3期を務めており町長選時と同じ状況で、非常に厳しい状況 です。しかし、町長選と同じように皆さんの力を結集すれば現職を打ち破ることは可能 です。そして、髙比良元は、現市長のように住民の声に耳を傾けなかったり、門前払い するようなことはありません。
 ペーロン競漕では、漕ぎ手の数だけでは勝てず、舵取りの舵さばきで勝敗が決まるよ うに、市政運営において髙比良元に舵さばきを任せることで長崎市に活気を取り戻そう ではありませんか。


《質疑応答》

 質問者1

 今日のこの日がきたことを嬉しく思います。
 私は、今の長崎市の若者は夢を持てない状況だと思います。Vファーレン長崎の高田 社長が、「三菱幸町工場跡地にサッカー場を立地したい」と長崎市長に申し出たところ 、市長は「どんなことができるか検討したい」という消極的な反応で、これでは夢のあ る長崎市に変えていくことはできません。髙比良元さんはこうした状況にどう対応して いくつもりですか。


 髙比良元

 一つは、従来型だけでない企業の立地を進めることです。また、農水産業においても さまざまの活性化策を持っており、これらを進めていきます。
 もう一つは、市民の暮らしやすさを向上させることです。内面的な楽しさを充実させ 、まちの賑わいを高める施策を進めていきます。
 Vファーレン長崎の高田社長の提案に対しては、私なら「どんなことができるか検討 したい」ではなく、「どうやったらできるかを考え、実現する」と答えます。


 質問者2

 私は釣りが好きなのですが、釣り仲間と泊るところがなくて苦労しています。これは 、旧合併町の衰退が原因だと思います。髙比良元さんが先に述べられたように、漁業の 復興が必要で、各地区の資源を見出し、活かしていくことに力を注いでいただきたいで す。
 ここでは、次の3点についてお考えを聞かせてください。① 若者の輪の広め方、② 結婚に対する夢をどう持たせるのか、③ 子育てや教育にどう取り組むのか。


 髙比良元

① 若者の輪の広め方: 選挙に勝利するには若い人たちの力が必要ですが、まだ十分 ではなく、皆様からお叱りを受けています。先ほど応援演説をいただいた伊藤弘和君た ちの若いスタッフの力を借りて輪を広げていきます。

 

② 結婚に対する夢をどう持たせるのか: 私のマニフェストの最重要課題のひとつが 出生率の向上です。結婚を考えたり、結婚した若い夫婦への支援策をいろいろと用意し ています。こうした支援策により、若者に結婚に対する夢を持ってもらえると思ってい ます。

 

③ 子育てや教育にどう取り組むのか: 子どもを産み育てやすい社会環境づくりは新 たな市政の大きな柱として、これまでの手法や枠組みにとどまらず積極的に進めます。 また、学校教育の中でふるさとへの愛着や仕事の大切さなども教えていきたいと思いま す。


髙比良元夫人

 今日は日曜日でお忙しい時に会場を一杯にする皆様にお出でいただき、ありがとうご ざいました。本日が忘れられないスタートの日になりました。
 髙比良元は三和町長や県議として皆様の負託に応えてきましたが、今度の選挙に勝て ば政治家としてより責任ある立場に立つことになります。本人はその重責を担う準備が できておりますが、先ずは選挙に勝たなければなりません。そのために、皆様のお力を お貸し下さるよう、心よりお願いいたします。


司会者

 本日はほぼ時刻どおり盛会のうちにこの会を終えることができました。これもひとえ に皆様や応援演説をいただいた方々のお蔭です。誠にありがとうございました。
 髙比良元の市長選当選に向けて、今日から皆様のご協力をお願いする次第です。
 なお、皆様にパンフレット等をお配りしています。お知り合い等へ髙比良元を紹介す る際に利用していただければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

TOPへ戻る