本文へ移動

メッセージ

自民党・県民会議という統一会派を結成しました

2017-07-25
重要
 県議会第一党の自民党が、議長選を契機としてそれまでの内部確執が表面化し、2派に分裂しました。

 対立軸は、親知事派(15人)と反知事派で、さらに言えば自民党県連内の主導権争いにあると言われています。

 私はこれまで大村市選出の小林克敏議員とともに県民主役の会を結成し、政党に属さず保守中道の立場で中村知事を支えるとともに、県政推進のために政策をチェックし、積極的に提言していく役割を担ってきました。

 しかし、そうした役割をさらに強化するためには、議会内においてどうしても同調する一定の議員の数が必要であることは否めません。

 こうした矢先、今回、自民党の分派に伴い、親知事派の皆さんから共に連携(統一)して県政を進めたいという申し出があったため、これを了承し、新たな統一会派を結成した次第です(ただし、私自身が自民党に入党したものではありません)。

 なお、この統一会派には、長崎創生の会派の中山功氏(長崎市選出)、愛郷無限の会派の大久保潔重氏(諫早市選出)も加わり、計19名の県議会最大会派になりました。

 この件に関する長崎新聞の記事(平成29年7月19日)はこちらから参照ください。
TOPへ戻る