本文へ移動

メッセージ

たかひら元後援会通信 (平成25年8月掲載)

2013-08-01
 たかひら元は議会活動に従事する回数が他の同僚議員と比べて群を抜いて多く、通年議会となってからは昨年1年間で176日間県庁に登庁しています。そして、議会の会議はもとより庁内各部各課との各種政策課題や予算・計画づくり等について毎日が真剣勝負の思いで仕事させていただいています。

 加えて、各地区や各団体等からの県や市への要望に応えるべく、地元関係者と県・市の責任者との協議の場の設定や、県・市の取り組みを促進する活動を重ねています。

 また、各地区住民との公聴会の開催や、県民にとって必要な条例の制定作業、連立会派政策調査会の運営等、本当に毎日があっという間に過ぎるような活動を精一杯行っています。

 与えていただいた職責に感謝し、県政の推進に関する仕事、県民の皆様の願いに応える仕事を喜びとして毎日を頑張っています。

 しかしながら、こうした活動を伝える広報手段が首長と比べて圧倒的に少ないため、情報が県民の皆様になかなか伝わっていかないもどかしさがあります。
 県議会を取り上げる新聞紙上での露出は最も多いと思いますが、それでも県民の皆様にはなかなか伝わっていきません。

 そこで、せめてもということで一定期間の活動記録を客観的な仕事としてまとめた後援会通信(『中央後援会通信』)を作成・配布しています。
 よろしければ是非ご覧いただき、私へのご意見等をお寄せいただければ何より幸甚です。

 この中央後援会通信は以下からご覧下さい。
   中央後援会通信 第4号(平成25年7月発行) (PDF形式 1,745KB)
   中央後援会通信 第3号(平成25年1月発行) (PDF形式 1,222KB)
   中央後援会通信 第2号(平成24年3月発行) (PDF形式 435KB)
   中央後援会通信 第1号(平成24年1月発行) (PDF形式 363KB)

   ※ 第1号と第2号に記載のあるオルト邸については以下の記事もご覧ください。
    パリ祭に出席しました
 
TOPへ戻る