メッセージ

議場コンサート (平成25年6月掲載)

2013-06-01
 今年度の県議会の通年議会の開会に先立って、本会議場で高校生のコンサートが開かれました。

 本会議場も可能な範囲で県民に開放して多目的な活用の方策を探ろうという試みと、本年度の全国高校文化祭(しおかぜ総文祭)を盛り上げようというねらいから、このコンサートが開催されました。
 
 
 長崎玉成高校ハンドベル部のハンドベル演奏、長崎東高校の山崎咲香さんの弁論、聖和女子学院高校のコーラス、長崎西高校の吉村優子さんのしおかぜ総文祭の大会PR、そして出演者全員によるしおかぜ総文祭イメージソングの合唱等、多彩なプログラムでした。

 普段は質問・答弁が緊張感をもって行われ、また、採決にあたって賛成・反対が時にはぶつかりあうような形で行われる議場ですが、この日ばかりは全議員とも傍聴席の満員の皆さんとともに感動を共有し、出演者にエールを送ることしきりでした。

 今後、開けた県議会、そして県民に身近な県議会にしていく種々の取り組みと合わせて、こうした議場の県民活用についても進めていきたいと思います。